人生に革命を起こすスーパービジネスマン養成ブログ

モチベーションって損な存在?


こんにちは。

モチベーションアップコンサルタントのJJです。
今日はモチベーションって実は損な役回りなのでは? と

いうことについて触れていきます。

 

モチベーションは、結構損な役回りなのかもしれません。
モチベーションが上がらず進みませんでした、失敗しました、の

ようについつい言い訳に使われやすいため、手軽にできない理由に

使われてしまうケースが多いのでは?

 

しかし、そもそもの話として、自分が達成すべき何かを持っている

ことが大事であり、モチベーションはそれを実現するための有効な

手段に過ぎない、ということを忘れてはいけないと思います。
モチベーションを上げる前に、達成すべき何かを明確にすることが

先決で、それを忘れているケースが時々あります。

(私も結構やってしまいます。)

 

極端な例で恐縮ですが、モチベーションは全く上がらないが結果が

すごく出ているケースと、モチベーションは最高だが結果が全く

出ていないケース、どちらを選ぶでしょう?

多くは前者を選ぶでしょう。
結果が出ている、うまくいっている場合は問題にならないが、

あまりうまくいかない、結果がでていない時に、期待され

注目されはじめるのがモチベーションなのかもしれません。

 

そういうモチベーションの位置づけをまずは押さえておきましょう。

 

また、モチベーションとテンションを混同してしまうケースも

よく見られます。
面接、商談、はたまた合コンを前にテンションを上げる、一時的に

テンションを上げて、活発で明るい人に見せる、装う、ことは

ある程度可能なのかもしれません。
しかし、それはあくまで短時間限定のものであり、中長期的に

やる気や活力を維持するには、何らかの仕組みや心掛けが必要であり、

それがモチベーションにつながっているのだと思います。

 

と、何だか変なことを書いてしまいましたが、自分なりにうまく

モチベーションを管理する仕組みを作りたいものです。

 

では、また次回。



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)