人生に革命を起こすスーパービジネスマン養成ブログ
人生に革命を起こすスーパービジネスマン養成ブログ > ビジネス > 吉江勝 > 【ポジティブシャワー】嫌いマーケティングを考えてみる

【ポジティブシャワー】嫌いマーケティングを考えてみる 執筆:吉江勝

Pocket

 

こんにちは、吉江勝です。

昨日のメルマガにも多くの
ご感想を有難うございます!

==================
【ポジティブシャワー】
元気が出ないのは反対のことをやれというサイン
http://ameblo.jp/yoshiemasaru/entry-12273718550.html#main
==================

少しだけご紹介しますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●吉江さん、こんにちは、Iです。
「上手くいっていなければ反対のことをやる」
実にシンプルながら正当な答えですね。
吉江さんのメルマガを読むと進みべき道を改めて確認できます。
頭では理解しているのですが、なかなか実践できないもどかしさはありますが
「今やっていることを手放す」はいいきっかけになりそうです。有難うございました。

 

●ともかく反対をやってみるってことですね。
同じことをやっていたなら、新しいことをやってみる。
それで上手くいくかどうかに拘泥せず、思い切って一歩を進めてみる。
たしかに、そうやって自分で変化を作っていくことが重要だと思います。
変化と言うか、揺れ幅を大きくするような感じでしょうか。
面倒くさがりの私ですが、新たにオンライン上の商材を始めました。
今日、2件の申し込みがあり、喜んでいるところです。
これが上手くいくかどうかはわかりませんが、
やってみなければ何も変わりませんからね。

 

●元気が出ないのは反対のことをやれというサインも良かったのですが、
編集後記の費用対効果の著しく悪いサンドイッチのことが頭から離れません(笑)
20年くらい前に大阪に出張に行った時に「日本一まずいラーメン」
という看板が目につき、無性に入りたくなったことを思い出しました。
嫌いは好きの裏返しとは、よく言ったものでこれだけ商品が氾濫している
現代においてけなすことで逆に注目を集めるという新しいマーケティングが
できそうな気がしました。これも今日のテーマの反対のことをやれにつながりますかね?(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は違うことを書くつもりでしたが、
最後に感想を頂いたFさんの文章で
インスピレーションを得たので変更します。
(Fさん有難うございました!)

 

このFさん以外からも昨日の編集後記で書いた
費用対効果の著しく低いサンドイッチには
多くの感想が集まりました。

(ホテル名はいいかねますので悪しからず・・・笑)

確かに無難に普通な、例えばルノアールの
ハム卵サンドイッチよりも費用対効果の悪い
サンドイッチは注目される要素は多いですね?

 

しかも価格はハム卵サンドの5倍以上は
高いですから利益も出ますし・・・(笑)

 

ただし、今回の場合、あまりに品質が価格に見合いませんから
(いくらホテルのゴージャスな雰囲気を差し引いても)
このサンドイッチをリピートする人は殆どいないと
思いますので、続くかどうか?という問題はありますが・・・(笑)

 

ただ、だからと言って価格に見合う品質にしようとすると
当然ながら今度は材料の価格等、コスト高になって
ホテル側から見ると割りが合わなくなります。

 

極端なことを言うと、高級ホテルの素敵なラウンジという
インフラの強みがありますから、
味はほどほどでも構わないのです。
(それでももう少し肉を良くするとか、
調味料の味を上げる等の努力が必要になるとも思いますが・・・)

 

最近、サロンの研究を兼ねて色々な
リラックス施設(主にマッサージ)に
行く機会が増えたのですが・・・

 

繁盛しているところは、概ねエステシャンの技術
よりも待合室や施術する部屋等、インフラ設備と
スタッフのサービス面での向上に力を注いでいます。

 

何よりもリラックスできることにお客さんの
リアルインサイト(本音)がある(多い)と
気づいているからです。

 

もちろん、その上で施術スキルもあれば
最高なのですが、そこまで求めると
先のコーヒーラウンジ同様、
経営側の収益が見合わなくなります。

 

たとえ技術が普通でもサロン設備やスタッフの対応が
エクセレントならば満足する人々がこの店に来る
客層でもあるのです。

 

ですから、このサロンはラグジュアリーホテルの
エステサービス並みの価格にもかかわらず(笑)
絶えず繁盛しています。

 

考えてみれば昨日のホテルのラウンジも
サンドイッチ目当てで来ている客は皆無なはずです。

 

私たち同様、私たちの周辺の人々も
ビジネスの打ち合わせか、
あるいは女性同士でアフタヌンティーを
食べているという光景が目立ちました。

 

ですから、あのままで何の問題もないのでしょう(笑)。

 

この辺は経営する側の価値観や判断基準にも
よりますが、ひたすらお客さんの高い要求に
応えて疲労されている方がいらっしゃったら
「嫌いマーケティング」を参考にされてみても
いいのかもしれません(笑)

 

もちろん、あなたの客層のニーズにもよりますし・・・

 

「私は損得勘定などせずに
お客様のことだけを考えて尽力したい」
という人の方が心情的にも好きですし、
長期的観点で見れば繁栄すると信じている
(信じたい)とも最後に付け加えさせて頂きます。

吉江勝

 

●今日のメルマガはいかがでしたか?面白かった
役立ったという方はワンクリックお願いします。
http://bit.ly/2g15qqE

 

□■□■編集後記■□■□

それにしても、ご感想で頂いたFさんが
大阪で見かけたという「日本一まずいラーメン」
というのもインパクトがありますよね?

 

関西特有のユーモアでしょうか?(笑)

 

今日のランチは無性に美味しいものが食べたくなりました(笑)

119 吉江勝

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。