人生に革命を起こすスーパービジネスマン養成ブログ
人生に革命を起こすスーパービジネスマン養成ブログ > 自己実現 > 心に残る言葉 > JJ > 1塁ベースに足をつけたままでは、2塁に進むことはできない

1塁ベースに足をつけたままでは、2塁に進むことはできない 執筆:JJ

Pocket

 

 

モチベーションのJJです。

今日は最近出会ったモチベーションを上げる言葉に
ついてご紹介します。
(すでにご存じのものなどあるかもしれませんが。)

① 塁ベースに足をつけたままでは、2塁に進むことはできない

野球を例にした言葉ですが、リスクを冒さないと何も
得られない、という意味になります。
野球に限りませんが、安全圏にばかりいては何も進みません。
告白しないと恋人はできませんし、商品を売り出さないと
売り上げがあがらないどころか、ユーザーの反応すら
わからないままです。

多少不安が残っても、特に新しいことを始める場合は、
どこかで一歩踏み出す勇気が必要です。

② 何か1つを手放したら、ずっといいものがやってくる

これまで大事に守ってきたことで、あまり意味がなくなって
きたこと、ものってありませんか?
あまり読まないのに定期購読している雑誌だったり、新聞だったり、
惰性で参加している集まりかもしれません。

時にはそれらを見つめて、可能であれば思い切ってやめて
しまう、手放すのもアリかもしれません。

自然の摂理として、何らかのスペースが空くとそれをうめる
働きがあると本で読んだことがありますが、手放すことで
空いたところに新しい何かが入ってくる余地がうまれます。
時間があいたことで新しい予定が入ってきたり、本棚が
あいたらいつの間にか新しい本が入っているなど、確かに
あるかもしれません。

これまで大事に守ってきたことで、時には意識して場所、
時間のスペースを空けておきましょう。
そうすることで、新しいものを取り込むスペースができ、
それがひいては新しい自分への変化につながるかもしれません。

③ 新しくならないと、古くなっていることに気が付かない

日本の非常識は世界の非常識なんて言葉がありましたが、
今までの自分の常識は、新しい自分の非常識になります。
考え方や環境が新しくならないと、見方も変わらず、古く
なっていることにすら気づかないものです。

新しい価値観に触れるには、海外旅行、特に発展途上国に
行くといい、なんて一時期言われていましたが、自分の
いつもの常識が通じない環境ということでは今でも
ある程度効果的ですね。
パソコンや携帯のOSは時間がたつとアップデートされますが、
自分の考えは自分でアップデートするしかありません。

時には日常を離れ自分の常識を見つめていきたいですね。。

 

 

 

51 JJ

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。