人生に革命を起こすスーパービジネスマン養成ブログ

奇跡、再び 執筆:赤木あつし

Pocket

こんにちは!

幸せ実践塾・塾長の赤木です。

 

通称「リストラブログ」と呼ばれる、このブログ記事を書いています。

 

私は、2016年5月にリストラを宣告され、6月に解雇されました。

当時54歳(現在は55歳)と若くもなく、金なし(貯金はほぼゼロ)、
手に技術なしと、ないない尽くしの私です。

 

そんな私ですが、奇跡が起こって1年分の生活費が手に入りました。

デフレで塩漬けにしていた投資用マンションが高値で売れたからです。

 

これは、「1年間好きなことをやってみろ」という神の思し召しに違いない。

そう確信して就活もせずに、タイ・バンコクでレイキをやりながら過ごしていました。

 

そんな生活も、すでに1年が過ぎました。

好き勝手するのは今年の7月末まで。

8月になっても生活できるくらい稼げないなら、他の仕事を探す。

そう、自分自身と約束していたのです。

 

 

●いよいよその日がやってきた

 

そして、8月になりました。

いよいよ、これまでの好き勝手な生活を諦め、
生きるために仕事を探さなければならないのか・・・。

 

 

そう思っていた矢先に、再び奇跡が起こりました。

またしても、

1年間生活できるくらいの大金が手に入ることになったのです!

 

富士に昇る朝日

 

 

では、再び降ってわいた奇跡の顛末を詳らかにしましょう。

 

昨年、清水の舞台から飛び降りる覚悟でリストラを受け入れた時、
最初の奇跡が起こりました。

塩漬けにしていた投資用マンションが高値で売れることがわかり、
それによって、1年間仕事をしなくても暮らしていけるだけの収入を得たのです。

詳しくは、以前に投稿した以下の記事をご覧ください。

 

飛び降りたら幸運が待っていた

 

そのお金が尽きようとしたまさにこの時、
再び大金が手に入ることがわかりました。

それは、偶然とも言えるちょっとした出来事から始まったのです。

 

 

●奇跡の足音

 

いつものようにFacebookの投稿を見ていると、
借金体質の人のブログをシェアした投稿に興味が湧きました。

気になったものだけを見るスタイルなので、
きっと何かピンとくるものがあったのでしょうね。

 

シェア元のそのブログを読んでみると・・・

その方はいつも借金の返済に追われているけど、
ある時ふと気づいたと言います。

それは、生命保険を担保に借りていたので、
本当は自分のお金だったのだということです。

借りずに解約していたら、少なくとも「借金」をする必要はなかったのにと。

 

その時、ふと気づいたのです。

「そう言えば、私も生命保険に入っていたわ。」

 

 

それまで、収入が乏しくなる中で、
月々の支払いをどこまで減らせるか考えたことがありました。

その時、保険料の支払いのことも考えたのです。

「諸々の支払いで月平均で3万円強の支払いが必要だなぁ。
少なくともそれくらい稼がないと、現状を維持できないなぁ・・・。」

 

発想は、どうやって稼ぐかであって、
保険の解約はまったく思いつきませんでした。

昨年、マンションを売った時点で、こう思っていました。

「これでもう資産はなくなった。
貯金がなくなれば、あとはもうどうしようもないや。」

 

そう思い込んでいたので、
自分にまだ資産があるとは思ってもいなかったのです。

ところが、そのブログを読むことで、
ふいに資産がまだあることに気づいたというわけです。

 

 

これまで「ない」と思っていたのが、急に「ある」とわかる。

本当はもともと持っていたのですが、
まるで無から有が生じたような感じがします。

 

 

●タイミングよく起こる出来事

 

ちょうどそのタイミングで、
保険の担当者さんから暑中見舞いが実家に届きました

それを父がスキャンして、画像をメールで送ってくれたのです。

そのハガキを見ると、なんとメールアドレスが書かれていました

 

「ひょっとしたら、解約した時の受取額がわかるかも・・・」

 

そう期待してメールを出すと、すぐに回答が来ました。

固定利率年5%という今では考えられない好条件の養老型の生命保険です。

担当者は、解約するのはもったいないと言ってくださいました。

解約返戻金は、なんと驚きの○百万円。

予想していた金額のほぼ倍もありました。

 

正直、ホッとしましたよ。

だって、すぐに仕事を探さなきゃと言っても、
タイ・バンコクでそうそう良い条件の仕事があるわけでもありません。

最悪、日本に戻れば何とかなるとは思っていましたが、
妻と別居するのかとか、同居したらどうなるのかとか、
いろいろ悩ましいことがあったのです。

 

 

●大金の使いみち

 

では、この大金をどう使うのか?

これまでと同じようなことをしては、何にもならないという気はしています。

でも、どうするかはまだわかりません。

とりあえず、8月いっぱいはじっくり考えて、結論を出そうと思っています。

 

それより何より、
数カ月先には生活資金が枯渇するというピンチは脱したのです。

そのことを、今は素直に喜びたいと思います。

 

私のメルマガでは、随時、詳細に語っていますので、
よろしければそちらもご覧ください。

メルマガの登録は、私のブログの左サイドバーからどうぞ。

88 赤木あつし

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。