人生に革命を起こすスーパービジネスマン養成ブログ

英語の女の開運神社仏閣巡り☆No.2 執筆:ブルー朝美

Pocket

第2回目となる英語の女の神社仏閣シリーズですが、

本当は別の神社にするつもりだったのですが、

今回は神奈川県の一ノ宮である

寒川神社です。

 

スーパービジネスマン&ビジネスウーマンの皆さま、こんにちは。

英語の女あさみです(なぜ私が“英語の女”なのかは、こちらの記事をご覧下さいね☆)。

 

前回の記事で書いた

大好きな祖母が亡くなる1日前の2月14日、

月に最低1度は、

お参りを欠かさずさせていただいている

大好きな神社へお参りに行くつもりだったのですが、

元々いつもより家を出るのが遅くなっていた上、

何かそこに行くのは違う感じがしていたのですが、

向かう道すがら、

この寒川神社がふと思い浮かび、

それに従い行き先を変更してみました。

 

お参りをして…

と,

ここまでは特に何もなかったのですが、

帰りに駐車場で、

”今写真を撮りなさい”

という感じがしたので

(こういうことが割とあるのです)、

撮ってみると…

 

こんな感じで、

虹のような色の彩雲?か

日輪の一部?

のようなものが写っているに気づき、

空をよくよく見てみると、

肉眼でも確認出来ました。

 

やはり今日は寒川神社でよかったのかなと思い、

神社仏閣記事の2回目は、

寒川神社とさせていただくことにしました。

 

さて、その寒川神社ですが、

神奈川県の寒川町にあり、

日本で唯一の八方除けの神社ということで

なんと年間30万人が参拝に訪れるという

日本一ご祈願が多い神社でもあるそうです。

 

寒川神社公式ホームページ

 

寒川神社の御祭神は、

寒川大明神と呼ばれる、

寒川比古命(さむかわひこのみこと)

寒川比女命(さむかわひめのみこと)

の二柱の神様と言われていますが、
本当のところは謎と言われていたり、
神社ではありながらも
陰陽道の要素も多々あったりと
なんとも不思議な神社でもあります。

この

寒川神社は、
レイラインと呼ばれる、
富士山の山頂を貫く、
東の玉前神社(千葉県)から
西の出雲大社(島根県)に長く延びる
”御来光の道”にも入っていて
とてもパワーのある場所と言われてもいます。

 

そして、
その御来光の日である
春分と秋分には、
その日だけに授けていただける御守りも。

 

ちなみに、
寒川神社は龍というわけではないですが、
5色のお守りが通年ありまして、
吉江さんも金運向上の
黄色をお持ちだそうですよ。

 

そして、
毎年こちらへ初詣をされたり
何度もお参りに行っている方でも、
意外とご存知ない方もいらっしゃったりするのですが、
3,000円から受けられる
ご祈祷を受けた方のみが入ることができる
神嶽山神苑
という場所が、
本殿の裏にあるのです。

 

 

 

 

 

 

本当に清々しいすてきなところです♡ ↓

この神嶽山神苑内の
本殿の真裏に
難波の小池という
水の湧く池があるのですが、
こちらが御神体とも言われていて、
この場所だけは写真撮影も禁止されています。

 

その池のすぐ近くでは、

希望する方には、

ご神水も汲ませていただけますし、

お砂もいただけます

(いずれも500円ほどお気持ちが必要です)。

 

そしてこの神苑内には茶屋もあって、
ステキな和菓子などをいただくことも出来ますよ。
(こちらも500円ほどお気持ちが必要です)

 


↑奥の建物がその茶屋です

 

但し毎週月曜日と
冬場は閉苑となっておりますので、

ぜひ3月以降に行かれてみて下さいね

(開苑期間は、

三月上旬~十二月上旬となっています)。

 

摂社の宮山神社もおすすめです。

 

尚、
年始などは混み合って停められない場合もあるようですが、
無料の駐車場も第3駐車場までありますので

車での参拝も安心です。

 

また、

寒川神社には毎月1日にお参りする
”1日参りの会”
という会があり、
私は以前はその会で、
毎月1日にお参りさせていただいたりもしていました。
この会は、
毎月行けることが入会条件となるのですが、
寒川神社にピンと来られた方で
毎月1日にお参りが可能な方は、
参加されるとよいかと思います。
(ちなみに、
御祈祷のように
初穂料は決まっていないので、
それぞれのお気持ちで、
納めさせていただきますが、
神嶽山神苑にも入れます)。

 

現在はコロナウィルスの影響で、
外出を控える方も多いかと思いますが、
先にご紹介した
御来光お守りを授与していただける
春分の日は、
3月20日金曜日です。

 

神嶽山神苑もオープンしていますので、
寒川神社にお参りしてみてはいかがでしょうか。
私も毎年春分や秋分にも
お参りしています。
それまでに
コロナウィルスも

少しは落ち着くとよいですね。

 

さて、

最後は英語の女のマヤ暦です。

3月3日から15日の13日間は、

”心” ・”クールな知性”・ ”先見性”

などを意識して過ごすとよい

”青いワシ”の13日間です。

 

デマが発端の

トイレットペーパーの買い占め騒動なども起こっていますが、

コロナウィルスについても、

マスコミなどの報道に右往左往するのでなく、

それぞれがご自身の心の声に従って、

クールな知性と先見性で

乗り越えていけるとよいですね。

 

See ya☆

181 ブルー朝美

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。