人生に革命を起こすスーパービジネスマン養成ブログ

間違い易い英語の表現 ~否定形疑問文の答え方~ 執筆:カーシー ひろ

Pocket

皆様、初めまして。

国際結婚して子供を作らない生き方コーチ カーシーひろです。

 

現在の世の中、海外へ出かけたり、駐在したりする方が増えてきていると思います。

また、日本にも沢山の外国籍の方がいらっしゃいます。

以前に比べ、日常レベルで英語を使う機会が多いのではないでしょうか。

 

そんな時、知っておくと便利な表現、日本人が間違い易い言い回しなどを

ご紹介していきたいと思います。

 

今回は、否定形疑問文に対する答え方です。

これは、アジア系の方々に比較的多い間違いのひとつです。

 

 

例えば、カフェで店員さんに「砂糖はいらないですか。」と聞かれると、

日本語では、「はい、いりません」と言いますが、

英語では、「いいえ、いりません」となります。

 

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

Don’t you take sugar? (砂糖はいらないですか?)

いるとき → Yes, I do. (はい、いります。)

いらないとき → No, I don’t. (いいえ、いりません。)

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

 

 

友人や同僚など、関係が近い人たちは、間違ってもわかってくれたりしますが、

そうでない場合は、話が噛み合わず、ややこしくなってしまうこともあります。

それでも、英語の上達には、とにかく話すことが一番です。

間違いを恐れずに、学ぶつもりで、どんどん話していきましょう。

2658 カーシー ひろ

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。