人生に革命を起こすスーパービジネスマン養成ブログ

未来は自分で選んでいる


こんにちは!

幸せ実践塾・塾長の赤木です。
 
通称「リストラブログ」と呼ばれる、このブログ記事を書いています。

 

2016年5月にリストラを宣告され、6月に解雇されました。

当時54歳(現在は55歳)と若くもなく、金なし(貯金はほぼゼロ)、

手に技術なしと、ないない尽くしの私です。
 

そんな私ですが、

奇跡が起こって1年分の生活費が手に入りました。

デフレで塩漬けにしていた投資用マンションが

高値で売れたからです。
 

これは、「1年間好きなことをやってみろ」という

神の思し召しに違いない。

そう確信して就活もせずに、

タイ・バンコクでレイキをやりながら過ごしています。
 

前回は、書斎兼レイキ施術所として借りたアパートから、

半年もせずに退去するよう通告された話をしました。
 

私は抗うことをせず、
「これも魂の導きに違いない」と思って退去を決めました。
 

さっそく、いつもよく行くサロンで場所を借りる交渉をして、
2017年2月からサロンを拠点として活動をしています。
 

活動場所を変えたことで、お客さんは少し増えました。

ですが、それでも月に5~6人といったところ。

これでは、まだまだ仕事にはなりません。
 

就活をせずに過ごす期限を7月末までと決めているので、
あと4ヶ月ほどになりました。

そこまでは自由に好きなことをやろうと思っています。
 

それでもしダメだったら…。
 

今は、それは考えないようにしています。

 

さて、そんな状況なのですが、

最近、すごいことを発見してしまいました。
 

それは、このリストラは自分が選んでいた、ということです。
 

実は私、自分のブログにこんなことを書いていました。
 

「今の会社には、特に定年というものはありません。

ですが、自分で56歳までには退職しようと決めていました。」
 

想定していたのは、

他の収入源を打ち立てた後、56歳の誕生日で勇退する
というものでした。

それより若干早く、しかも定収がないのですが、
それでも会社を早期退職することは当たっています。
 

しかも、未来予想が当たったのは、これが初めてではありません。

実はタイに仕事で来る前にもブログに、
「いつかアジアで暮らしてみたい」と書いたことがあったのです。
 

タイで仕事を始めてしばらく経つまで、
そのことをすっかり忘れていました。
 

引き寄せ本の中に、願い事を書くと叶うというものがあります。

まあこれがそうなのかどうか何とも言えませんが、
少なくとも外れてはいないなあと感じました。
 

もしそうなら、これも導きなのだと思います。

ですから、きっと上手く行くことでしょう。

それが、私が想定する結果ではないとしても。
 
 

あと4ヶ月ほど、好きなことをやって過ごそうと思います。
 



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)