人生に革命を起こすスーパービジネスマン養成ブログ

2億円もかかる結婚生活。 執筆:川淵 ゆかり

Pocket

こんにちは。幸せな人生100年マネープランナーの川淵ゆかりです。

 

先日、若いご夫婦から「なかなか貯金ができない。」という相談がありました。

 

そこで、結婚して以降のお金の使い方について次のように考えてみました。

 

例)30歳の男性が結婚して以降、65歳までの35年間で必要なお金。

● 生活費 毎月25~30万円×12ヶ月×35年= 10,500~12,600万円

● 住宅ローン 毎月10万円×12ヶ月×35年= 4,200万円(利息込み)

● 子どもの教育費 1,000万円×2人= 2,000万円

● 車の購入 200~250万円×5回= 1,000~1,250万円

● 老後のための積立 毎月5~10万円×12ヶ月×35年=2,100~4,200万円 

 

TOTALで、19,800~24,250万円、
つまり、約2億円~2億4,000万円、となります。

※ 住宅ローンの4,200万円は、元金だと約3,000万円の借り入れとなります。

 

あくまでもざっくりとした計算ですが、

約2億円の支出が35年間で必要、となります。

2億円÷35年= 約571万円

 

このケースだと、35年間、手取りで平均571万円/年稼げなければ、

やがては 家計に破綻を来たすこともある、ということになります。

 

今の時代、65歳までサラリーマンの平均で571万円の手取りというのは

なかなか大変ですよね。

 

もちろん、それぞれのご家庭で支払いの内容は違ってくると思います。

都会の方だと、住宅ローンの借入額はもっと多くなるでしょうし、

地方の方だと、車は夫婦2人でそれぞれ購入するので、車の購入費や維持費ももっと多くなるでしょう。

お子さんの人数や教育にかけるお金の使い方でも変わってきます。

 

ですが、生涯の支出を考えないでお金を使ってしまうと、老後のための蓄えがまったくできなくなる可能性もあります。

 

今後は、社会保険料など給料の天引きもますます増えてくると思いますし、インフレもあると思います。

65歳までの家計費を上記のように一度計算してみていただきたいと思います。

住居費、教育費、老後資金、それぞれにかけるお金のバランスも見えてくるのではないでしょうか?

 

65歳までの家計状況が見えてくると、65歳以降の働き方なども早めに考えられると思いますよ。

 

お金の運用方法によっては、家計の負担を大きく減らすことも可能です。

⇒ 3,000万円の作り方。

 

 

「2億円」と聞くとちょっとビックリしてしまいますが、

家計管理を上手にすれば、乗り切れますよ~。ヽ(´▽`)/

 

 

それでは、また。

ご感想をお待ちしていますね~。ヽ(´▽`)/

 

*

人生100年を豊かに過ごすための資産構築術ブログ 

⇒   http://yukarik-fp.net/

無料レポート「100年を生きるためのお金の知識」

⇒ https://yukarik-service.jimdofree.com/

82 川淵 ゆかり

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。